キャッシングの一本化も検討

消費者金融の借り入れが増えたらまとめるのも良い

おまとめローンにすれば、煩わしい返済が一つになります

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借入れを一つ金融機関にまとめることです。これまで返済日の管理に煩わしさを感じていた人も、返済日が1日だけになるため、解消することができます。返済の都度支払っていた手数料も一本化により省くことができます。

 

毎月高額なローンの返済に苦労していた人は、月々の返済金額を減らすことで、生活にゆとりが生まれます。また、借入金利は通常、借入金額が大きい程低く設定されているため、一つの会社にローンをまとめることで借入限度額を大きくすることにより、借入金利を低くして、返済総額を減らすこともできます。

 

借入金利は各社によって条件も異なるため、できるだけ低い金利で契約できる会社を探すことが返済総額をを少なくするポイントとなります。借入審査が厳しい程、低金利となることが多く、銀行系のローンは一般的に低金利となります。審査を受ける時は、できるだけ審査にクリアしやすい条件を揃えておくと良いです。

 

一般的に他社からの借入件数や借入金額が少ない程、また正社員で収入も安定している程クリアしやすいです。おまとめローンのメリットを享受するためには、借入金利や借入限度額、返済プランをしっかり考え、しっかりと借入審査に備えることが必要といえます。

 

分割で借金の支払いをすれば負担が分散される

キャッシングを利用した場合には幾つかの支払い方法があり、一括払いの他、分割払い、リボルビング(リボ払い)というのがありそれぞれのメリット、デメリットがあります。

 

一括払いは現金ではないけれど1回で支払いを終える方法で利息は付きません。分割払いは買い物の度に3回で支払う、5回で支払うなどの設定を行い3回なら1/3ずつ3回で完済、5回なら同様に5回で完済となる支払い方法です。

 

リボ払いは利用額に関わらず毎月一定額の返済をする方法で、例えば毎月の返済額を1万円と設定した場合、利用額が10万円の月も20万円の月も返済額は月に1万円となります。この返済額は自分で設定できますので想定される月の利用額を考慮して決めると無理なく返済出来ます。

 

ここで気をつけておきたいことは、分割であれば回数が増えるごとに利息が増えますし、リボ払いであれば残っている額が大きいほど利息が増えることになりますので余裕があれば繰り上げ返済した方が支払総額を抑えることになります。

 

また、リボ払いの場合には毎月の返済額が一定のため意識せずに利用額が増えてしまうことで、毎月返済はしていてもどの商品の分を支払っているのか、いつ完済するのかが把握しにくい方法です。

 

限度額いっぱいの買い物をして気がつくとその後が大変です。月平均で10万使うなら返済も10万の設定にして支払と利用額の差が大きくならないように気をつけましょう。

お金の借入も、昔とは違って随分と便利な時代になりました。昔は返済期日の時間制限などがあり、返済するだけでも大変苦労をしたものです。ですが、今やコンビニのATMやキャッシング専用のATMの設置により、24時間いつでも返済ができるようになりました。

 

さらに、インターネットでの返済も可能になり、携帯電話やスマートフォンで借りたお金を返すこともできるようになりました。キャッシングをするのであれば、返済の仕方も便利さを利用することで、期日を守って返済することができるのです。今の時代だからこそ、できるシステムでしょう。ニーズに合ったお金の借入は、使う側としても大変便利です。

 

また、審査方法も最短30分といった短さで審査可能になり、そして借りができるようになりました。さらに、今は銀行系も消費者金融企業に参入したことにより、利息も低い貸し出しをしてくれます。消費者金融会社は負け時と、30日間無利息キャンペーンなどを開催し、顧客集めをしています。

 

便利さの中には、顧客獲得への道もあり、キャッシング業界も厳しい競争となっています。そのお蔭で、借りる側としてはお得に借入できるようになりました。返済もしやすいシステムにより、期日が遅れることもありません。

続きを読む≫ 2014/11/22 12:38:22

カードローンは銀行や信用金庫で発行している他に、銀行系の金融会社、ノンバンクなどと呼ばれる一般の金融会社、信販会社などでも発行しています。

 

融資の資金を低金利の預金で調達できる銀行や信用金庫の方が金利が低めになっている傾向はありますが、審査基準の柔軟性、審査のスピード、審査に必要な書類など審査の面においては、銀行や信用金庫は比較的厳しいと言われています。そのため、金融会社であれば審査が通っても、銀行では謝絶になったり、借入限度額が銀行の方が低くなったりすることもあります。

 

カードローンを申し込む際に何を重視するかによって、申込先を選定することが重要になります。金利が髙くても審査がスピーディーであって、すぐに確実に借りられることを重視するのであれば、消費者金融会社が有利になりますし、すぐに借入の必要はないものの万一に備えて借入の枠だけ確保しておくというのであれば、金利の低い銀行を選択する方が得策になります。

 

マネー雑誌やインターネットの比較サイトで、様々なカードローンの比較ができるようになっていますので、参考にすると便利です。重要なことは、そのような比較を参考にしても、最終的には銀行などに確認をすることです。

続きを読む≫ 2014/11/22 12:38:22

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融です。このモビットの一番の特徴は「WEB完結」という独自のサービスを展開していることです。このWEB完結を利用してモビットカードに申込みを行うと電話や郵送は一切ないので、周囲に知られることなく申込みを行う事ができます。

 

モビットのWEB完結を利用するためには2つ条件があり、①三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること、②社会保険証か組合保険証を持っていることになっています。この2つの条件をクリアしていればWEB完結から申込みができます。

 

カードローンやキャッシングなどの金融商品に申込みをすると必ず勤務先に在籍確認の電話が行くようになっていますが、モビットでは保険証で勤務先の確認を行うので在籍確認の電話が勤務先に行くことがないのです。

 

また審査結果の連絡も電話で行っている消費者金融も多いですがモビットのWEB完結であれば連絡はすべてメールでのみとなっています。また契約書類やカード発行は行っていないので郵便物が自宅に届くこともないのです。

 

そのため会社にも家族にもモビットを利用しているという事を全く知られることがないのです。携帯電話やスマートフォンにも対応しているので便利に利用することができます。

続きを読む≫ 2014/11/22 12:38:22

プロミスならレディースローンが利用できるので、女性の方でも安心してキャッシングをすることができます。女性の方でもキャッシングをしたい方はたくさんおられますが、どうしても審査を受ける上で不利だったり、申し込みにくかったりすることがあり、普通のキャッシングだと女性にとって抵抗があるケースが多いのです。

 

また、電話で申し込みをする際に相手が男性だと女性は委縮してしまい、キャッシングの申し込みをすることができないというケースも意外に多いのです。その点もプロミスのレディースローンなら安心です。

 

なぜなら、電話で申し込みをした場合でも、すべての受付担当者が女性なので、女性の申し込み者でも安心して抵抗を感じることなく申し込みをすることができるのです。

 

プロミスのレディースローンは女性のためにつくられた専用のローンなので、女性が申し込みやすい細やかな配慮がいくつもされているのです。実際にプロミスのレディースローンなら安心だと実感し、長い間キャッシングを利用されている女性も多いのです。

 

長く利用している女性が多いということは、それだけプロミスのレディースローンを利用した女性の満足度が高いことを証明しているのです。

続きを読む≫ 2014/11/22 12:38:22

消費者金融を利用する際、どういった目的で借入れを行うか、自分に合った返済方法など、熟考した上で選びましょう。急いでお金を工面したいと思っている人には申込から審査まで数分で行われる会社が良いでしょう。

 

インターネットからも受付けてくれるところがありますので、周囲に借金をしようとしていることを知られたくないといった人や、店舗へ行く時間がない人には便利です。借入れ方法も即日銀行口座に振り込んでくれるところがあります。返済方法についても、コンビニに設置されているATMから返済ができたり、インターネットでの返済や自動引き落としなどがあります。

 

返済のあてがあり、数日だけ借入れたいという場合は、無利息期間を設けているプロミスがありますので、元金のみの返済で利息分の出費を抑えることができます。もしもの時の備えとして、もしくはできるだけ多額の融資を受けたいと考えている人には、銀行系のカードローンが良いでしょう。

 

審査は厳しく時間もかかりますが、低金利で借入れができますので複数の借入れを一本化したいと思っている人にも月々の返済の負担が軽くなります。申込者が女性であれば、女性限定のサービスを行っている会社がありますので、安心して利用できます。

 

後々のトラブルを避けるためにも、信頼できる大手の会社を選びましょう。テレビコマーシャルなどでよく見かける会社だと、銀行と提携しており安心です。

続きを読む≫ 2014/07/11 09:09:11