カードローンの選び方はどうするか

カードローンは銀行や信用金庫で発行している他に、銀行系の金融会社、ノンバンクなどと呼ばれる一般の金融会社、信販会社などでも発行しています。

 

融資の資金を低金利の預金で調達できる銀行や信用金庫の方が金利が低めになっている傾向はありますが、審査基準の柔軟性、審査のスピード、審査に必要な書類など審査の面においては、銀行や信用金庫は比較的厳しいと言われています。そのため、金融会社であれば審査が通っても、銀行では謝絶になったり、借入限度額が銀行の方が低くなったりすることもあります。

 

カードローンを申し込む際に何を重視するかによって、申込先を選定することが重要になります。金利が髙くても審査がスピーディーであって、すぐに確実に借りられることを重視するのであれば、消費者金融会社が有利になりますし、すぐに借入の必要はないものの万一に備えて借入の枠だけ確保しておくというのであれば、金利の低い銀行を選択する方が得策になります。

 

マネー雑誌やインターネットの比較サイトで、様々なカードローンの比較ができるようになっていますので、参考にすると便利です。重要なことは、そのような比較を参考にしても、最終的には銀行などに確認をすることです。